交通事故治療、むち打ちのお悩みは当院にお任せください!
仙台市の整骨院「JTC順骨グルッポ」
blog
当院は交通事故診療・むち打ち診療に自信があります。
交通事故の80%は追突事故といわれています。
追突事故による受傷で一番多いのは、頚椎捻挫=「むち打ち症」です。
当院では「むち打ち症」の臨床を数多く手がけ、熱頭痛・めまい・首から肩の痛みしびれなどの症状を研究し、治療に当たってきました。
むち打ち症」は追突された際に首がムチのようにしなるなるため「鞭打ち(むちうち)」と呼ばれます。
そのために首や背中・腰に過大な力が加わり、首の周りの筋肉・神経・靭帯・関節を傷め、捻挫の状態になり熱を発生します。特にその熱が神経を伝い、頭痛・めまい・痛み・しびれを発生させ、症状をひどくさせている原因になっています。

当院では開業以来、むち打ち・交通事故からくる数多くの症状の臨床を重ねた結果、首を支える筋肉・靭帯・関節包の損傷により、重い頭を支える機能を失うことで全身の至る所に負担をかけ、交通事故とは関係ない所まで症状が現れるという、いわいる「物理的な負荷」がかかります。

更にそれだけではく、「むち打ち症」の首の外傷による熱(炎症など)が神経の誤作動を起こし、首の痛み、頭痛、吐き気、めまい、だけでは収まらず全体の重力バランスを崩し、他の部分に負担をかけ、至る所に損傷を誘発する「神経的な負荷」がかかる事がわかっています。

これまで、首・肩の痛み、しびれだけでなく、体のいろいろな所に症状を訴える方、
病院でレントゲンを撮っても「骨には異常ありません」「シップや薬を出されただけで痛かったらまた来て下さい」などと言われてしまいお困りの方、
「たいしたことがないから」「症状が軽いから」という方も、交通事故が原因だったという方が多数いらっしゃいました。


当院では交通事故に遭われてすぐの方から、交通事故から時間がたって、他の治療をしたけれどもなかなか良くならなかった方まで対応しており、「物理的な負荷」と「神経的な負荷」を解決する独自の交通事故治療システムにより、傷めたところだけでなく姿勢分析をしながら全身の重力バランス・筋肉バランスを整える調整治療で、事故以前よりも正しい姿勢や機能を元に戻し、「根治」を目指しています。

当院では初回時に理想的な診療間隔、回数、自己対策法をご提案します。
ぜひ、「早期の治療」と「しっかり治す」事を強くお勧めしいたします。

当院では、保険会社が入らない自賠責保険だけの被害者請求・加害者請求の代行請求を行っております。

まずは一度ご相談頂けましたらと思います。(ご相談は無料で行っております)


また、当院は「社団法人交通事故医療情報協会」に交通事故のむち打ち治療等に
適切に対応できる院として認定され、サイトで紹介されています。


むち打ち治療 交通事故医療情報協会



交通事故・むち打ち症診療の流れ
@整形外科・レントゲン整形外科・レントゲン
病院でレントゲンやMRIなどの精密検査を受けましょう。
→ A当院へ 整形外科・レントゲン
患者様から該当保険会社に接骨院での診療を希望すると連絡して下さい。
→ B問診整形外科・レントゲン
くわしい症状・事故の状況をお聞きします。
        →
E会計整形外科・レントゲン
保険が適用できるので、特に費用はかかりません。
→ Dカウンセリング整形外科・レントゲン → C診療整形外科・レントゲン
→        
整形外科・レントゲン
交通事故の後遺症で代表的な「むちうち症」の
施術期間は約3〜6ヶ月間です。
早期のきちんとした診療と症状が完治するまで、
できる限り来院される事をおすすめします。

交通事故・むち打ち症診療 Q&A
 
施術費は?

交通事故の場合は自賠責保険適用となり窓口負担はありません。
 

 
病院と同時期に通えるのでしょうか?

交通事故の場合、病院に通いながら接骨院での診療を受けることは可能です。
 

 
軽いけがなので病院で検査は受けていませんが・・・

軽いけがだと油断せず、信頼のできる病院でレントゲンやMRIなどの精密検査を受けましょう。
当院では提携病院をご紹介することもできますのでご安心ください。
 

 
自賠責保険を使う場合の手続きはややこしいのでしょうか?

保険会社との連絡などはこちらでも代行しますのでお気軽にご相談ください。
 
▲ページ先頭へ戻る
© JTC順骨グルッポ  All rights reserved.