『脊柱管狭窄症』と言われたら

宮城野区整体・整骨ブログ

イワキリ接骨療院 清水です

 

 

先日ご来院された患者様より

『脊柱管狭窄症』で手術を受ける予定だが

他にできることはないか?と

ご相談を頂きました

 

当院ではよくあるご相談です

 

また、手術を受けたが

いまひとつ症状が改善せずに

ご来院される方もよくいらっしゃいます

 

脊柱管狭窄症とは

背骨の中の「脊柱管」と呼ばれる

 

 

脊髄神経が通るスペースが狭くなってしまい

それによって発生しているであろう

激しい腰痛脚のシビレ歩行時の強烈な痛み

痛みによる歩行困難などの症状を総称して

『脊柱管狭窄症』と呼びます

 

 

ここで僕がご相談者の方に一番お伝えしたいのは

必ずしも

狭窄症=症状が出る原因

ではないということです

 

 

なぜなら

狭窄部以外の箇所の治療で

症状が緩和していくケースが非常に多いからです

 

もちろん狭窄部が原因で症状が出ている

ケースもありますが

当院で症状が緩和された方の多くは

首の治療か骨盤の仙腸関節の治療で

症状が変わっていきます

 

狭窄部の治療ではないのです

 

順を追って狭窄部に対する直接的なアプローチもしますが

正直な話

レントゲンやMRIの画像所見で改善が確認できるほど

関節を動かすことはできません

 

 

 

それでも症状の緩和が見られます

 

何より、

 

特に腰痛など症状のない健康な人でも

MRIやレントゲンを撮ると

およそ3割の人には狭窄症やヘルニア等の

異常所見が見つかるといった研究結果があります

腰痛がない人でも10人中3人

狭窄症等の他覚的な異常を持っています

 

 

 

「狭窄症だから痛い」は科学的に

100%の確率では因果関係が立証できないのです

 

では何が原因か!?

 

上記にも挙げた首や仙腸関節にしかり

 

狭窄部以外の骨格構造、筋肉・筋膜のバランス、自律神経異常、

リンパや血流異常、脳の問題、脊髄硬膜の緊張、

体の糖化、酸化、食品添加物、経皮毒、細菌感染、

精神的ストレス、アルコール、薬害、電磁波障害、放射線、

腸内環境、トラウマ、生活環境、内臓疾患、etc、、

 

科学的にはまだ立証されていないものも含め

僕の持っている知識・技術では網羅しきれないくらい

いろんな原因があります

 

 

体の仕組みは学べば学ぶほどわからなくなります(;^ω^)

その原因の中でも自分の知識・技術で

できることをやります!

できないことはやれません

 

脊柱管狭窄症でお悩みの方は

手術という選択をする前に

是非、一度ご相談下さい

 

手術してしまうと良くも悪くも後戻りはできません

 

 

 

結果、痛みやシビレが取れたらいいですが

予後いまひとつでご来院される方が多いのも事実です

 

既に手術を受けている方の治療も可能ですが

まだ受けていなのであれば

他の原因を治療してみてそれでもダメなら手術

その選択肢もありではないかと僕は思います!

 

 

022-396-8608

 

http://iwakiri.jun-jtc.com/