稀なケースではありますが…

宮城野区整体・整骨ブログ

イワキリ接骨療院 清水です

 

 

稀なケースではありますが…

 

腰痛の原因として腎臓まわりのトラブルがあります

 

 

毎度、症状にはいろんな原因があると

ブログに書いてはおりますが

 

ここ最近、診たばかりの症例なことと

何より僕自身、腎臓絡みの腰痛の経験があるので

今回のブログにしました(;´∀`)

 

今回診た患者さんは

ズバリ、尿路結石でした。

俗に言うところの ”石” ですね

 

 

尿路結石の発症率は

男性で11人に1人(40代が好発)

女性で26人に1人(閉経後が好発)

 

圧倒的に男性に多く

主に食生活の欧米化アルコールの摂取

体の水分不足が原因とされています

癌や糖尿病に比べると少ないですが

確実に身のまわりに1人はいる確率です

 

 

 

いま、会社の男性上司の顔を思い浮かべた方!

明日、探さないでくださいよ(笑)

 

 

今回診たケースも好発年齢の40代男性でした

慢性的な腰痛を抱えていた中で

仕事で重量物を持ち上げた際に強い痛みが出て

当院にご来院されました

俗に言う「ギックリ腰」ってやつですね

 

検査して問題があった腰椎と頚椎の治療を進めました

治療が進むにつれ強い痛みは治まり

日常生活には何ら問題ない状態になりましたが

弱い痛みと違和感が残る状態でした

 

その患者さんは日常生活でほとんどお水を飲まない方で

検査で水分不足とも出ました

水分不足もいろんな不調の元なので

こまめな水分補給と自宅での体幹トレーニングを

実践してもらっていたところ

ある日、尿で石が流れ出てきたそうで

 

 

それ以降、痛みと違和感がスパッとなくなったとのことでした

結石があることはご本人は知っていたそうですが

石と腰痛は関係ないだろうなと思い話してなかった

とのことでした

 

 

過去にもう1例、似たようなケースを診たことがありました

その方は胆嚢に未発見の結石がありました

治療期間中に虫垂炎で緊急搬送され

 

 

その際に胆嚢の結石も見つかり

手術後、腰痛もスッキリなくなったとのことでした

 

さすがに整体院の検査で石の存在まではわからないので

悔しいですが見落としてしまいます

明らかに発熱があったり

腹痛や血尿等がある場合は内科さんに送りますが

そうでないケースではなかなか発見が難しいです

 

 

僕が経験したのは石ではありませんでしたが

20代前半の頃

腎臓の炎症で入院したことがありました

 

 

そのときも始まりは「ギックリ腰」でした

先輩方に治療してもらいましたが

何やってもダメでした

おかしいな…と思っていたら

翌日、39度の発熱があり病院に行ったところ

腎炎で即入院でした

3日間点滴を受け退院する頃には腰痛もスッキリでした

 

 

かなりしんどかった記憶がありますが

治療家として生きる上でいい経験でした

 

稀なケースではありますが

腎臓や腰部周辺の臓器が引き起こす腰痛もあります

生活習慣の見直しや

腰痛に対する認識の注意喚起になればと思います!

 

 

 

 

022-396-8608

 

 

http://iwakiri.jun-jtc.com/